田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
『冬の花火、春の枯葉』
" target="_blank">東京国際芸術祭2006
にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトvol.3『冬の花火、春の枯葉』

Ort-d.d倉迫康史さんの構成・演出 にしすがも創造舎特設劇場にて。


体育館を どー 変えるか ということが 空間のつくりかたの主眼だったんだろうか
おはなし べつに ショークラブみたいなとこにしなくても とおもった。

わたしはもともと 舞台があって 客席があって という
いわゆる プロセミアム の ある 空間は好きではないので
もっと平面で 浮き島みたいな舞台装置のなかでみれたら おもしろいのかなーとか。
もちっとせまいところで。


三橋麻子さんと 村上哲也さんが よかったです。
なんだか 場面場面の時間配分が 不可思議だなあ とおもったのですが
それに正当性をもたせていた気がする。


棚川寛子さんのサウンドデザインが チャレンジングでよかった。
(いろいろ ええええ そこでそうなの??というところは あったけど)
04:28 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
スレイマン・アルバッサーム・シアター
スレイマン・アルバッサーム・シアター
『カリラ・ワ・ディムナ 王子たちの鏡』

にしすがも創造舎特設劇場にて。


日本、イギリス、クウェートの国際共同製作作品 とのこと

くわー
せりふ 英語が たくさん(字幕あり)

すごくすごくていねいにつくってあるし
俳優の方々の舞台上での存在のしかた は すごくためになった
感情をエネルギーにして どっちにどう出すか という
演劇の基本

んーでも おはなし ファンタジック というか
現実と遠すぎて
わたしはあのなかから 帝国 とかをよみとるのはむずかしかった。
まあそもそも いまのにほんにいながら 帝国 のことをかんがえろ といわれても
遠い。
もっとだいじなことがある。。

すごい速さでものをかんがえている 演出家のひとなんだろうな。と想像
04:25 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
チェルフィッチュ『三月の5日間』
チェルフィッチュ『三月の5日間』
六本木Super Deluxeにて

いまいち
たのしめず
ざんねん。

しかしもう職業。
たのしみづらいのは
たのしみづらいのだ。

もっとぼーーーんやり みるもの なんだろう
すげえ集中してみちゃうと
「いま ぬけたじゃん! やってないじゃん!」って
(こんなにはげしくはないけど)おもっちゃう

するすると。はなれちゃう。

個人的に
ホテル とか 渋谷 とかの ものがたり について
もっとこうだろ!!と語りたいとこがあるみたいです。


ミッフィーちゃん は すてきだった 松村翔子さん
あと
これからも いつまでも の ところ よかった 山縣太一さん
04:23 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
富野幸緒『2 the waters』
神楽坂セッションハウスにて
レジデンスアーティスト公演
富野幸緒『2 the waters』

男女デュオ『SAMLLENNIUM』

女性ばかし5人?の『CURRENT』

富野幸緒さんの 気のうごかしかたはおもしろかった。

丸山武彦さん
むかああし拝見したことがあり
同郷で
こないだCOLLOLきっかけでご縁が。
誠実で ていねいなダンス。
すてき。


女子ばかし のほうは いろいろやってて
ちょっとながくて
うーむ。
衣裳なども疑問が。。

丹羽洋子さんをみにいったのですけれども。
丹羽さんは魅力的なおどりをされていたのですけれども。
04:22 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
ポツドール『夢の城』
ポツドール『夢の城』
新宿TOPSにて。

ポツドール初見。
ついに。
(あ ニセS高原 は みた。)


ぐるぐると。
すごく精密につくられている 演劇 でした

みている客席の方がよっぽどきたないかんじがした。じぶんもふくめて

いる場所があることと
絶望と
あきらめと
夢と
あたたかさと
快感と
甘えと
秘密と
わかりあうことと

など
もろもろの手ざわり。



あのひとたちをなでてあげたいが
わたしもなでてほしいが
そんなことではどこにもいけない らしい

合唱曲の伴奏を キーボードで弾くんだ
どーしよーもない 食事 の 最中
わたしも中学校のとき弾いた
それが 夢 だ


よのなかに絶望が蔓延していることは事実で
でも
希望はある
夢もある
なくならない
生きていれば
生きていれば
答え でないけど でも ぜったい。

いいたい
けど
04:21 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
3軒茶屋婦人会『女中たち』
3軒茶屋婦人会『女中たち』
下北沢 本多劇場にて。

次回COLLOL
『女中たち』をやろうとおもっているので。


なんか切れ味わるーいかんじでした
みてて おもしろい 役者さん3にんなので
みれてしまうのだけれど。

深沢敦さんの 奥様 はよかった
輪郭はっきり 名演。


こういう作品は 演出 が なってないのだとおもうのですが
どうなんでしょうか。
最後 まったく泣けない。泣ける戯曲 とおもうのですが。


舞台装置はよかった。
ゆれる 壁 窓

花 もっとうまくつかえそうだった
んんん〜〜〜〜〜
04:19 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
現代時報『親密な他人』
東京国際芸術祭2006 -リージョナルシアターシリーズ
現代時報『親密な他人』

東京芸術劇場小ホール1にて。


現代時報 とは わたしの出身地 盛岡 の劇団さん
作・演出 高村明彦くん
こどものころにはいっていた
こども劇団CATSきゃあ の 同級生なのです
ふはは こども劇団 っておもしろいんだけど。
でもそこからはじまっているのです。わたしの えんげき

とゆうわけで
そのこども劇団の設立者 畑中美耶子先生にも会い
角舘玲奈ちゃん(同級生 ではない ひとつ上)にも会い
まあ すすもう すすもう と おもったり


芝居の中身は うん
やさしい 芝居でした
もっとふみこんでいいはず

でも 新聞配達のはなし すごくよかった。
いまそこは 地方のどこか(盛岡か?)の大学のサークルの部室で
彼はうまくそこからはなれることができない OB
神奈川で新聞配達をしていたみじかい期間があって
朝日がすごくきれいで バイクで犬を轢いちゃった


ひとは なにを どう 語るか そして誰に。
04:17 | 舞台芸術 観劇控え | comments(1) | trackbacks(1)
shelf『龍を撫でた男』
横濱・リーディング・コレクション#0 福田恆存を読む!
『龍を撫でた男』

横浜相鉄本多劇場にて

参加作品3本みるつもりでしたが ねぼう。
まあ そんな日もある。



shelf 矢野靖人さん演出初見。
おもしろい。

くるくる役をパスして(ボールのように)まわしていったり。
でもそのなかで ことばを どこから どこに わたすか
ていねいにあつかっていることに好感。
そしてからだについて つかえるもんはすべてつかえ という姿勢
(つかえないものはむりにつかわない)


COLLOLに出演してもらった 笠木真人くんがでてるっ
そして 山の手事情社の斉木和洋氏がでてるっ ということで
もともとたのしみだったのですが
諏訪智美さん 三橋麻子さんもすてきで
たのしかった


ラストはよくわかりませんでしたが。
おしい。(わたしはちゃんと もちかえりたい)
04:14 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
『アメリカ現代戯曲&劇作家シリーズVol.1 ドラマリーディング』
東京国際芸術祭2006
『アメリカ現代戯曲&劇作家シリーズVol.1 ドラマリーディング』



いちにちでっ
4ほんっ
みるっ
演出家修行の一環。
テクニックがないと
インスピレーションに食われる


A『メイヘム』
MAYHEM
演出:宮崎真子さん(俳優座)

あざやかな演出の手腕 そして上品。
とくにおもしろい話ではない

阿部一徳さんの 悪趣味すれすれの演技よかった
リーディングのつまらなさのぎりぎり。


B『アクト・ア・レディ 〜アメリカ中西部ドラッグショー〜』
ACT A LADY, a mid-western drag show in three acts
演出:江本純子さん(毛皮族)

おわー
これでは えもとさんは損してるとおもいました このやりかたでは。
やっちゃえ!といういきおいで 通用する戯曲ではない
もしくは役者の技量がたりない
観客の受け入れる器もたりない。

やるほう うけるほうの 体力も。
もっとビフテキ とか食ってる人種の戯曲か。


C『ベラージオ;もしくはメタル製のすべてのもの;もしくはおじいちゃんがパパを射殺させるとき』
BELLAGIO; or Of all Things Made of Metal; or When Grandpapa Had Daddy Shot (2005)
演出:中島諒人さん

斉藤頼陽さんよかったです
集中しながらも的をはずしてゆくかんじ
おもちゃのピストルみたいな キッチュさかしら

むずかしいいことば連発なので
苦戦とみえた
これをあそべたひとの勝ちだ

さいごまでもちこたえると おもしろい戯曲なのだけど。
スピードか。速度。


D『セックスハビッツ・オブ・アメリカンウィメン』
THE SEX HABITS OF AMERICAN WOMEN (2004)
演出:中野成樹さん((POOL-5)+フランケンズ)

広い舞台をうまくつかうのがむずかしそうでしたが
おもしろい瞬間は多かったです

おんなのひとが 性をどう語るか というのは
わたしの興味のむくところであるので
どうくるかな?と

出演者がみんなわかいひとばかりなのがざんねんでした。
もしくは そこをうまくつかいきれていなかった。
04:11 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)
徒花*スター東京』

徒花*梅にうぐいす公演『スター東京』
阿佐ヶ谷 名曲喫茶ヴィオロンにて


まったくもって 才能にあふれた書き手だ

たちあがることに 失敗しているシーンがおおい

役者のみなさん みなさんわるくないしかし
束ねられていない ので
ばらばら っと こぼれる
それをどう だれが ひろう??

演劇をつくるには テクニックが必要
そこにいかに意識的になれるか そしてそれをわすれることができるか
せめぎあい

ほんとうに役者さんはみんなよかった が
円谷久美子
黒田佳奈さん
永尾麻子さん

甲斐博和くんはいままでみたなかで いちばんよかった


1000円 という値段で上演してしまうことには
わたしは反対。
手軽さにしたくない
だって一生のうちに 何本 つくれるか。
04:09 | 舞台芸術 観劇控え | comments(0) | trackbacks(0)