田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
あたしたちは奴隷なのか?しかし実感はある
【日刊デジタルクリエイターズ】というメルマガの
2004年12月9日号。
茂田カツノリさんというかたが
『子育てSOHOオヤジ量産プロジェクト』という
連載をされているのですが
今回のタイトルは『camouflageされた奴隷制を打破する』。

いつもは
こんなかんじだったら共働きでおうち子育てできるかもしれませんよ〜 っていう
生活感あふれる読み物なのですが

今日のは
> 週刊エコノミスト11/30号の『子供を産めない職場の現実』を読んでいて、涙
> が出てきてしまった。妊娠したのに現実問題として出産休暇が取れず、退職す
> ると復帰が不可能などの事情で、やむにやまれず中絶したという話の部分だ。
> 子供を産まなかった理由は決して単一ではないだろうから、短い記事から真実
> を読み取ることはできない。しかし細部はどうあれ、女性が子を持つことでキ
> ャリアを絶たれてしまうことを悩み、最終的にそうした決断をするということ
> は、これはいくらなんでも不幸すぎる。
> そんなことが起きるなんて、これは社会が間違っている。
> で、今回は子供を持つことの話ではなく、『労働のあり方』という観点からこ
> れを考えてみた。
とのことで。

あたしたちは搾取されている
その原因はなんなんだ???!!!
> 新しい仕組みや考え方
ってなんだろう?? しかも
> 新しい仕組みや考え方をもった会社を起業すること
って もんのすごくたいへんでふつーのひとにはとうていむりなんではないだろうか

あたしたちがしあわせになるにはどうしたらいんだ?
搾取されていることに めをつぶっていたほうがしあわせなのか?

でもあたしは苦しいので かんがえ 行動しつづけることにする。
16:20 | 世界に対してかなしいこと | comments(0) | trackbacks(0)
チェチェン ロシア
社会の動きのことに対してこういうところで発言するのはにがてなんですが

チェチェン小学校テロ

最低 最高 最悪 レベルに酷いできごとだ

新聞一面の見出しでこわくて三日間寝かせてから読んじゃった
寝かせたからといって事実にはかわりない

簡単に「テロリズム反対」ということでもなく
なんでそのひとたちがそういう行動をおこすことになってしまったのか

すくなくともじぶんのまわりのひとで
他人を傷つける手段を取ろうとしているひとがいたなら
やめろ やめろ やめろ やめろ と力ずくで伝えたいとおもう

わたしは まだまだ 対話 というものをしんじてます
すべてをわかりあえるわきゃあないのだけど
ひとりひとりがしんじるしかないとおもうのだが。
10:25 | 世界に対してかなしいこと | comments(5) | trackbacks(0)