田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
<< と 楽日。 | TOP | 『四人展』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
しまね とっとり 砂丘。
一泊二日で鳥取島根にいってきたのです。
初砂丘。予想と違った。山だった。


植田正治写真美術館。

もともと 砂丘の写真 おもろいなあ とおもっていたのですが
美術館 というかたちで ざあっと遍歴をたどれ よかった。

『景色と静物の物語』という企画展をしていて
植田さんの カラー写真 が展示されていたのだけど
これはあんましおもしろくなくて
じぶんにあったものをみつける って 重要だあ とおもった。

図録も買ったのでうれしい。
花火とじゅうたんと老人 と砂丘 の写真がすてき


松江市内の
島根県立美術館
が意外にめっけもんであった

企画展が『若冲と琳派―きらめく日本の美―細見美術館コレクションより』で
東京でみのがしていたので 見れてよかったのだけど
油絵の収蔵品がよかった。
学芸員さんがよいしごとをしているのだろうと たのもしくおもった

油絵で なにを 描くべきか が みてるとじわじわわかってくる展示群
水 をテーマにあつめてる とのことで(ほんとうに 宍道湖畔 のうつくしいばしょ)
クールベ やら コロ− やら シスレー やら
よい一枚がみれた。
日本人で油絵を描いている(描いていた)ひとたちの絵も
よいものばかりだった。
荒川修作さんとはこういうことをやっているひとなのかあ とはじめてわかった。
(いままでみてもなんじゃかわからなかった)

「東海道五拾三次」もみれたし。
お徳。


3月から9月までの期間、日没後30分までを開館時間としているというのも
おもろい。
きょうの日没時間は 19:26 
閉館時間は 19:56
23:01 | 平面作品 立体作品 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:01 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://taguchiayako.jugem.jp/trackback/142
トラックバック