田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
<< ケイタケイ'Sムービングアース | TOP | draw me a sheep >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
『幕末太陽傳』『男と女』
『幕末太陽傳』(川島雄三監督) DVDにて


すっげえおもしろい ときいていたのに
とちゅうまでおもしろくなくてこまった。
せりふがなんだか なにゆってるのかわからなかったのよね。。

でもいのこりさんがいのこりさんになったあたりから がぜんおもしろい
くわわ。
フランキー堺 かあ。


この時代の女優さんのがんばりはすげえな とおもった。
あの衣裳であのかろやかさは。
くやしいな。

コメディ 勉強中。



『男と女』(クロード・ルルーシュ監督) DVDにて


DVDにいっしょに入ってる監督インタビューで
アカデミー賞やらカンヌやらをとったあとには みーんなに注目され
「次作は おはよう(ぼんじゅーる!)と言う男の話だ」
といっても
「おはよう だって?! きみのかんがえることは なんてあたらしいんだ!!!」
みたいな状態だった って言ってたのが
おかしい。

なんで白黒(セピア?)とカラーとの場面があるんだろ とおもっていたのだけど
カラーで撮るならお金を出すっていうテレビ局がいて
でもぜんぶをカラーにするには資金が足りず
屋内は白黒で
屋外はカラーで
撮った
っていうのがおかしかった。

あと資金不足でごうごう音がするカメラしか用意できず
カメラを毛布で包んで
俳優はできるだけカメラから離して望遠で撮った
それがこの映画のひとつのスタイルになった
とか言ってるのがおかしかった。


あたしもあんなふうに電報を打ちたい
駅で出会いなおしたい
こころのレベルをぐわあああっと上げたい。

いいなあ 映画って。
そしていいなあ 美人って。


『10ミニッツ・オールダー』 は
じかんがなくって2つしか観てないので
またこんど。
13:54 | 映画やらビデオやら | comments(1) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
13:54 | - | - | -
コメント
唐突にすいません、ふと覗いたら・・・かなり前のですけど・・・。

年末リーディングに2度ほどお邪魔したおおはらです。


「幕末太陽傳」は有名だけど、川島雄三の中では抜けてつまんないんですよっ。

コメディとしてオモシロイ、っていうのではないですが『須崎パラダイス・赤信号』というのが、私は好きです。
2009/01/21 2:49 AM by OOHARA
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://taguchiayako.jugem.jp/trackback/152
トラックバック
2005/09/15 2:44 PM
「幕末太陽傳」(57) 日本 監督:川島雄三 製作:山本武 脚本:田中啓一 川島雄三 今村昌平 撮影:高村倉太郎 美術:中村公彦 千葉一彦 照明:大西美津男 特殊撮影:日活特殊技術部 助監督:今村昌平 出演:フランキー堺 左幸子 南田洋子 石原裕次郎芦川いづみ 
★☆カゴメのシネマ洞☆★