田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
<< 36000秒 ぶじ終了 | TOP | 2005/09/12(月) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
36000秒ドキュメントもどき。長文
bird's-eye view PLAY FESTIVAL「36000秒」
21日(日)

出演者(50音順)

綾田將一さん(reset-N)
石山雄三さん(Nest)
大内米治さん(ク・ナウカ)
香川亮さん(air:man)
金崎敬江さん(bird's-eye view)
篠崎芽美さん(珍しいキノコ舞踊団)
棚川寛子さん
山田宏平さん(山の手事情社)
山中郁さん(bird's-eye view)
そしてわたくし 田口アヤコ(COLLOL)
の 総勢 10名 でございました。

プラス
音響 佐藤春平さん
照明 榊美香さん
音楽・パーカッション 江村桂吾さん
ボディペイント ぺんぺんさん

そして
制作 眞覚香那子さん
総合監督は 内藤達也さん(bird's-eye view)!!


山中郁さんのblogをまねっこして
本番までの10時間をふりかえってみました
うる覚え。
むだに長文なので どうぞ ながしよんでください
しかし ほんとーに
ほかのひとがなにやってたのか
わからないところが 多い!ことに びっくり。


8:15 自宅出発
8:40 王子着
朝ごはん食べてねえ ぜったいやばい
スターバックス に寄る
だれかいるんじゃん とおもったが だれもいない
シュリンプなんとかサンドイッチ流し食い。
あ てぷすてぷす演出家 西くんが通っていく〜
観客??はやすぎねーか?

8:50 ampmで いろいろ買い込む
飲料 おやつ はみがき
会計中の金崎さんにあう
出たとこで宏平さんにあう
ほっとした。ついてるな おれ。

8:55 劇場着
劇場外で西くんがたばこを喫っている
あなたはじかんをまちがえたのね。
わー みんな早いなあ
よかったよかった たらたらアップ
たらたら 9:30 のテーマ発表を待つ。

9:25 resetN 遅刻劇団と名を轟かすか??
とのみんなの期待を裏切り、綾田くん 重役出勤。
やー まにあわない つうのがおいしかったのに。


9:30 テーマ発表!

「個人情報流出」「箱」
このへんはもーきょうやってることそのまんまだろ
ということで(箱=劇場)
内包される 

「誰かに必要とされたいのに その誰かは君ではない(あ うる覚え)」
きになる

「不自然」「受精卵」「行き倒れ」
あたり 票があつまりつつも

綾田くんのプレゼンの効果で
「土の中のりんご」に決定
りんごは地球にあこがれているんです!
な〜んていう ファンタジックなイメージが
演劇 の ちょっとはずかしいかんじに ぴったりきたか。


9:38 テーマ決定
そう8分で決まった!よっしゃ。

ほんでもって 出演者の自分得意分野プレゼン も兼ね
ひとりひとりでテーマからネタをかんがえる。
かんがえる。。

落としたい
高いとこから?どこから?
いすならべて乗ってみる うーん

持ってきたピアニカ弾いてみる
どーだろ。

持ってきた本ネタみてみる
ぜんぜん読んでない与謝野晶子歌集。
富士山あたりの歌にひかれる。


10:00 20分ののち 発表。
具体的なうごき のひともあり
じぶんのなかに生まれたイメージを話してくれた人もあり
全員のをおぼえてないのがくやまれる が
 
石山さんの
「り ん ご」と書く動きからのダンス
りんごを もぐ 動きからのダンス

金崎さんの
田舎から送られてきたりんごを食べつづける
しあわせな夫婦のイメージ

あたり ひかれた。

内藤さんの
土のなかのりんごは息が出来ない 密封状態
呼吸を意識するネタはどうだろう?
というイメージも おもしろいな とおもった


なんか 落としたい と言って
椅子を がしゃん! と落としたら
宏平さんに 乱暴なひとだなあ〜と言われた。
そんな乱暴なことがやりたかったの〜
がしゃん って やりたかったの〜
まあよい。


10:20 
自分得意分野プレゼンになったのかどーなのか
まあちょっとひとと組んでみよか
ということになり
うごきたい ひとと しゃべりたい ひとに別れる

しゃべりたいチームは
かおりーさん 米治さん
金崎さん わたし
みんなのもってきたテキストをみてみたら
かおりーさん 米治さんはふたりともマンガだったので
いいんじゃん このカップルで ということで
わたしと金崎さんが組む。

どれが最初に出てきたのかわすれちゃったけど
3つネタができた。

1.となりにいるのに出会えないふたり
ずうっと歩調をそろえ となりにいるのに
存在にきづかない 視線を交すことはない
よみつづけ あるきつづけるふたり

2.うごいているひとに それぞれことばをかける
わたしのほうを愛して!
うごいているひとに どちらが影響をおよぼすことができるか
ふたりの争い ではなく そのひとに向かう強さで。

3.おたがいにかける が わかりあえない
読む本の内容も吟味し
金崎さん プチ哲学 より
ふたりでとらわれたからしあわせ な金魚の話 と
わたし 童謡集より とんでったバナナ
おんなじことを言ってるような気もするんだが
とにかくわかりあえない。
相手の言葉のすべてに傷つく。


うごきたいチーム は
まとわりつく まとわりつかれてるひとがふつーの会話
とか
夫婦椅子 下にいる妻は上に座っている夫にりんごをむいてあげる
とか。


すごい速さでどんどんネタを出したぞ〜
もすこし人数を増やしたグループに組みなおしてみよっか ということになり
マンガVSマンガ で すでに運命的カップルを形成していた
かおりーさんと米治さん
以外のメンバーを二つにわける。


あちらのチームは
石山さん タナさん 宏平さん 金崎さん
(ベテランチーーム!)


わたしのチームは
篠崎さん 香川亮ちん 綾田くん で わたし。

うごきうごきうごき〜

ルールをなんかきめよ ということになり
踊る人 見る人 の関係で
ひとりひとりつくる
香川→綾田→篠崎→田口
あ いいながれなんじゃん?
うわお みんなのうごき みる 興奮する!!


2つのチーム おたがいのつくったものをみる
うんうん おんなじ空間で同時にもできそう

最後に発表
ふたりでロビーでつくってたかおりーさんと米治さん
あいかわらずマンガ喫茶だった。。
しかしなんだかその強固な雰囲気にどんどんみんなが自然に介入していく。
わたしも米治さんのマンガを
お兄ちゃんのマンガ借りよ くらいなかんじで
ひろってみた。
もちこまれる本。
そしてさっき出てきた まとわりつく とか 夫婦椅子 とかのうごき
受け入れられない思い
追いかけても去っていくひと
かろうじて成功する共同作業
いつのまにか舞台中央には
豆本ドミノが完成している
あれあれ
この空間はすごいんじゃない?!
これは カオス だねと名づけられ
どこにつかうかわかんないけど
おたがいのことが わかった。かなり。


14:00くらい?
しばし休憩
石山さん 時間もったいないじゃん と言い
立ちながらごはんを食べている
宏平さんがロビーで江村さんと音のはなしをしているので
そのあいだはしばし休憩
江村さんは12:00入り だったんだな。
みんなお弁当をいただく
うわー 食べれない。でも食べとかんと。


14:30くらい?
再開

男子5人 孤島にいる というアイディア

女子はなにしよっか〜
じゃあ楽園だね〜きもちいい話だけしよう
スパ?
なあんてはなしをだらだらしてると
男子は時間がかかっている
なんだかつくるスピード落ちてきたぞう とおもっていると
ようやくできたらしい

パトランプ がまわっているあいだは
舞台上はOFF状態
自由にしゃべり うごくことができる という
新ルールが導入されている

ルールは わたしにはよく理解できなかったのだけど
腹をみせあったり
(ここで宏平さんのぽっちゃり感にかならず笑いがおこる おいしい)
すね毛のはなし 綾田くんそれじゃあおむつだよ
とか ゆる〜い会話の中
女子が 男子に まとわりつく
女子 だんだんモテ男綾田くんにあつまろう ということになり
シーン完成

あと〜 でてたアイディアでやってないの ってなんだっけ?
香川亮ちんのバスケットボールがリズムをきざみ
タナさんのたいことセッション
というのはじつは顔合わせ時にでていたアイディア
これを実現
バスケチームは誰と誰にするか
もすこし音も入れてみたいな
あ 金崎さんはおどりはじめればいいんじゃん
そして石山さんもくわわってく。

マンガ喫茶のふたり
本を体育すわりで読むすがたがうつくしい
これをダンスしてるひとが
ちょこちょこじぶんのうごきの中にいれてって
最後は全員がこのかたちで止まろう
と決まる

わたしと金崎さんのネタ
ふたりでとらわれたからしあわせ な金魚の話 と
とんでったバナナ
これ生かそう このへんで入れられる?ということで
やってみる

石山さんが入ってきてくれる
どーにもならんかんじ。
このおとこはどーにもしてくれんぞう というかんじ。
いい。。

そこから 本をうばいうばわれ などで去る
まで できたかんじ。

と つづけて
宏平さんが『動物園物語』を読み出す
犬にハンバーガーをあげるはなし あたり
金崎さんとわたし
袖にて はいりたいね はいろうか
おたがいの解釈のちがい
その場におきざりにするもの
あまりにも無力であること
うんざりした。というラスト

ここに夫婦椅子 をいれたい
と 篠崎さんと綾田くん
うんうん いーかんじだ
のこされる綾田くん 大の字
わたしと金崎さんも大の字。

もーこのへんでクライマックスだろ
ラストだ ラスト前
マンガ喫茶のふたりを引き裂きたい
別れ だ

よびこみ1 のうごきで引き裂けるか。
そのスピード感でどう出す??
人を増やす?中央を横切るときのルール??

いやよびこみ1ではなく
もぐ うごきで うばっていったらどうだろうか
全員で 攻撃。
でもたぶん じぶんとのたたかい でもあるんだ

ラスト ラスト どうするか
おとこが残されたほうがおもしろいだろ
本はばらばら落ちてくるのか 一冊だけなのか
りんごは落ちてくるのか
それを落とすのはだれなのか?

けっきょく
午前中いちばんはじめのほうにネタ出しをした素材で
ぜんぶの構成をつくったかんじだ。

で オープニングは 虚実いりまじり
パトランプ使いでゆくことに決定。


17:00
できた 段取り
ざあっとあら通しを2回
じぶんのなかに ながれを入れる
19:30からの本番 このなかで いかに うごけるか。

最後にこの空間でしかできないことはなんだあ
カーテンコール うーんまあ 全員てきとうに
個人で全方向へ ごあいさつ
ということに


18:00
お客様にいったん出ていただく
おてすうかけます ごめんなさい
あと1時間半後 わくわくしていただけますよう

劇場内では なんだかうつくしげなあかりがつくられている
ロビーで音が足りなそうなとこの
音を決める ラストシーンなど。

がんがん聞く
このあいだに ぺんぺんさんに右肩にお花を描いてもらった
赤い花 あたしの花
宏平さんのCD
テンポを音響操作にてちょっとあげてもらって使うことに決定


やっぱり 前半カオス部分不安だ
午前中のあのうつくしいじかん
だれもおぼえてやしない
いちおうビデオを見返してみたりはする。

石山さんは音のないシーンが多いことが不安ならしい
演劇家 としては
適切なせりふの声があれば おとはいらん
とおもう ので そんな会話をする

ちょっと段取り確認
客席エリアを区切られた 劇場内の空間をもっかい確認
ああ ちょっとだけ集中するじかんがほしい


とりあえず衣裳を着よう そして顔をつくろう
見かけ から だ!
でもばたばたと おちつけず はみがきもせず かおもあらわず
やっぱスカート着よう
篠崎さんにスパッツを借りる
おう おれいけてるじゃん
いけてるよ
まわりとの見かけバランス確認
おんなのこ みんなで 目のまわりちょっとキラキラさせてみる
つけまつげ は 無しでゆく!
トイレ行って かおの運動

だいじょぶ だいじょぶ
舞台に出たら まずアップからだもん

ゆくか。



オープニング
だらだらアップ オープニングダンスができていない
おれたち 結局であえなかったんだなあ。

マンガ喫茶のふたり おとことおんな? 少年と少女 か?

よびこみ1
グループはどんどん移動し
解体されながら ささやかにつづく が
4人がいっしょになることはない
よみつづけるマンガ喫茶のふたり

よびこみ2
おどる一人 と みる3人
みるひとに翻弄される踊り手
踊り手に翻弄されるみるひと
と 自由に踊るおんな
それをじゃまして ステージにのぼるおんな
が おどれない
自由に踊るおんな をもういちどひきずりだす。

マンガ喫茶のふたり のこされる
と それにくわわってくるひとたち
くわえられる本 ものがたり
そこはどこなのか
だれなのか
なにを読んでいるのか
なんで読んでいるのか
相手とさまざまにかかわろうとするが
かかわりきれない 全員。カオス

マンガ喫茶のふたり が のこる
と はじまるバスケットボールゲーム
ボールをドリブルするリズム
たいこのリズム
おどりだすやつらもいる
おどりだす おどりだす
かとおもうと
また 読んでいる かれら

体育すわりで じっと 読む 全員
声 もなく
どこで? なにを?
本をあたまのうえにのせはじめるひとりのおんながいる

高いところから おんなにつっこむ拡声器のおとこ
おんなの正面から
おんなにかたりかけるべつのおんなB
そのことばはおんなAにはとどかない
おんなA も おんなB にかたりかけるが
おたがいのことばは おたがいをきずつけるだけだ
まったく つたわらない とどかない
それでも かたりかける
が つたわらない。
ひょろひょろでてくる ひとりのおとこ
おんなA も おんなB も
このおとこに じぶんのことをわかってもらおう とするが
それも幻想。
あきらめ?
おんなA おんなB 本をうばい うばわれ 去る。

戯曲『動物園物語』を読むおとこ
そこにくわわるふたりのおんな
夫を背負っている妻 のダンス 夫婦椅子
マンガ喫茶のふたり。

もぐ りんごをもぐ ダンス
だんだん人数が増え いれかわり
マンガ喫茶のふたりの本をうばう もぐ
おんなの本がうばわれる 去るおんな
おとこの本がうばわれる ひとりのこされるおとこ。

高いところから 本が一冊投げられる
なげたのは マンガ喫茶のおんな かもしれない。


おしまい 暗 転。
00:54 | 日々のただの日記 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
00:54 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://taguchiayako.jugem.jp/trackback/158
トラックバック
2005/09/27 12:02 AM
すごいです。例の「36000秒」でリョウさんが出演した日の様子を最初から最後まで書いてる方がいらっしゃいました。ていうか出演者の方でした。すごいすごい!!残念ながら観に行けなかった私的には「ほぉほぉそういうことになっていたのか香川亮さんバスケも」とか熟読
air:man fans!