田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
<< 『ニセS高原から』五反田団組 | TOP | 2005/09/20(火) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
2005/09/19(月)
1月COLLOL『性能のよい』制作会議
まさめ(かなこ)さんと
スケジュール等々

がんばるぞ。


ポタライブ『源』三鷹にて 受付スタッフ

盛況。

ダンスがみたい お客さんが多く
ダンサーのほうでも どうしてもおどりがのびてしまう

そおすると
このうつくしい景色のなかで おどってる
ダンサーのきもちよさ
が つよめに伝わってきてしまい
危険だな
とおもった


ストアハウスカンパニー稽古
押し合う体操


真似ること
とおくからみること
00:40 | 日々のただの日記 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
00:40 | - | - | -
コメント
keiko hatanoさん
ご来場 そしてコメントありがとうございます!

> 危険だな
というのは ポタライブを つくる側として
そういうことがありうるな 気をつけよう とおもった という
おぼえがきなので
きのうのパフォーマンスに対して どうこう ということでは
ありません

ことばたらず ごめんなさい


今後もよいポタライブをお届けできるようがんばります

ありがとうございました!
2005/09/20 11:02 AM by taguchiayako
お疲れ様でした。初めて参加させて頂き興奮の1日でした。田口さんのおっしゃる「ダンスがみたい お客さんが多くダンサーのほうでも どうしてもおどりがのびてしまう…」のコメントに対し、言い訳でもなく
感じたことをどうしてもお伝えしたくなりました。
正直、ポンタライブがどのようなものなのか何も知らずに参加した者にとって、紹介を受けたダンサーに目がいってしまう、この心理は否めません。が一晩経って頭に夢にでてきた「源」は決して一部分(ダンス)ではなく、全体の流れでした。岸井さんの言葉は語部、ダンスは色、そして心に刻まれたのは、武蔵野の木々、川の水、夕日、鳥の声、蝉の声、私を包んでくれた全てのものでした。
私の個人的言動で、田口さんに誤った感想を抱かせてしまったのではと
メールしました。
今後のご活躍を心からお祈りしています。
ありがとうございました。
2005/09/20 9:12 AM by keiko hatano
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://taguchiayako.jugem.jp/trackback/171
トラックバック