田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
<< 生活人新書『少女たちはなぜHを急ぐのか』 | TOP | 劇団山の手事情社20周年記念公演:観劇第1弾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
「春のオク・ソコ」展 ほか
銀ブラ。

ガーディアン・ガーデンにて川島沙紀子「春のオク・ソコ」(グラフィックアート展)

クリエイションギャラリーG8にて「早川良雄の世界」展

House of Shiseidoにて「ギンザ・フォト・ストリート 1930s/2004」展

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)にて
「疾風迅雷―杉浦康平の雑誌デザイン半世紀展」


がりがりとみる。

ガーディアン・ガーデンの「春のオク・ソコ」展をみようと銀座まで行ったのだが
これは予想以上にすてきだった!!
どんどんつくっちゃったらあらこんなところへ行っちゃったわ というのが
確信犯的であるのがよい。清純なエロだし。
点数はすこし多すぎるようにかんじましたが
いっしょになんかやりたいです! とかわいらしい作家さんとお話しして帰って来た。
大人計画は好きらしい。とりあえずCOLLOLビデオを送る。

「疾風迅雷―杉浦康平の雑誌デザイン半世紀展」もおもしろかった。
表紙を並べることでいろいろな発見があるのだわあとおもう。
なんかもう本文読まなくてもいいやという気にさせられるデザイン力!
こういうのをみるとデザイナーのひとって
あまりの情報量の多さにあたまおかしくならないのかしら?とおもいます。
ホームページをみたら「意識領域をイメージ化する独自の技法」と書いてあった。
そうかー無意識までは踏み込んでいないわけだ。

バーニーズニューヨークが開店していたのだった。
見る時間無し。またこんど。

ストアハウスカンパニー稽古内容2回分

4日(月)
歩く。列。
速い列だけでがんがん脱入 どんなんできる?をやってみる

6日(水)
歩く。列。
歩く+声を使って声から発想するじぶんにとって新しいからだの発見。
遅い列にいるときにより個であるためにはどんなからだか?をやってみる

舞台上での人間関係を「好き」「嫌い」のワードで計るというのを
新さんから聞いて
こんどやってみよーうとおもう。
12:21 | 平面作品 立体作品 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
12:21 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://taguchiayako.jugem.jp/trackback/48
トラックバック