田口アヤコ 毎日のこまごましたものたち

すこしずつ すこしずつ
かきためてゆこうとおもいます

COLLOLというユニットにて活動する
演出家劇作家女優。 URL:http://www.collol.jp
略歴につきましては PROFILE をごらんください

田口アヤコへのmailアドレス も PROFILEをご参照ねがいます。
<< あたしたちは奴隷なのか?しかし実感はある | TOP | フランス人演出家ブリュノ・メサさんWS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
DVDにて『水の女』『英雄』
『水の女』(杉森秀則監督)
うう〜〜ん
期待してたのだがなんつうかぬるい。。
さいしょのほうは スローライフ という意味での
スローな映画なのねとおもってたのだけど
もうすこし驚異的な映像美が観れたらちがったかも。
終盤の浅野忠信のセリフ「ちょうど飽きてきたとこだったし」ってとこがよかった。
がっつりきた。そのあとの展開はあまりすきではない。

『英雄』(チャン・イーモウ監督)
あいかわらず卑怯なまでにかわいらしいチャン・ツィイーにくびったけ。
泣き顔 怒り顔 ほんとぬすみたい。
いやでもマギー・チャンもとってもすてきです
大人の女性はこちらをめざすべきだとつよくおもいます。
ストーリーは・・どうなの?
戦闘シーンがおもしろければすべてよし って日本のロボットアニメみたいですね。
23:44 | 映画やらビデオやら | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:44 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://taguchiayako.jugem.jp/trackback/77
トラックバック